寝ても疲れがとれない

MENU

凝り疲れの原因は姿勢の悪さにあった

寝ても凝りや疲れが取れないと言う場合は悪い姿勢をとっていたり、緊張で肩や背中が硬直しがちな人に多くなっています。

一日中、パソコンの前にいる仕事、スマホの小さい画面をよく見ている方なども要注意です。このような方の傾向としては、

  • しっかり寝ているはずなのに疲れがとれない
  • 慢性的な肩こりがある
  • 体がゆがんでいる
  • 運動不足気味

 

更年期の方はこちら

 

おすすめの夜ワザ

夜寝る前に簡単なストレッチを3分間行うのがおすすめです。
体を回る動作と体を伸ばす動作の二つの動きを順に行い、身体の凝り、歪み、筋肉を効率よく整えて骨格のゆがみを改善していきます。
体を回す時には、骨盤を中心に肩、背中を回します。体を伸ばす時は、首、肩、骨盤を縮めたり伸ばしたりを行います。順に行ったら最後に足も左右に動かしたり回したりするだけの簡単な動作です。これだけで体がほぐれてぐっすり寝られるようになっていきます。

緊張や心疲れはリラックス効果がおすすめ

夜になっても緊張やストレスで眠れない人は自分に自信がなく、人の目が気になってしまい心配事ばかりが浮かびます。

この状態が続き眠れなくなると自律神経失調症やうつ病へと発展していくケースが多いです。このような方の傾向としては

  • 深夜までスマホやPCをしている
  • 緊張しやすいタイプ
  • 何でも悩んでしまうタイプ
  • 周囲の目が気になるタイプ
  • 人に気を使ってしまう

 

おすすめの夜ワザ

寝室に行き、電気を薄暗くして簡単な深呼吸を行います。この時、アロマの香りなどをそばに置いておくとリラックス効果が高まります。
6秒〜10秒くらいかけて鼻から吸い、口から吐く、深呼吸を行っていきます。ゆっくりと呼吸することで、副交感神経が優位になり筋肉の緊張が緩み体が寝る体制に入ります。

 

ラベンダー スイートオレンジ

昼間の出来事が忘れられず興奮が頭から離れない人におすすめ。爽やかな香りでリラックス効果が増します。

悩み事をくよくよ考えて眠れない人におすすめ。柑橘系で落ち着ける香りとなってます。

 

詳しいアロマオイル情報はこちら

 

 

 

 

睡眠サプリ

眠れない時は辛いです。そして長引くと重大な病にもなりかねません。眠れない時は早めの早めの対処を心がけましょう

眠れない時の対処法