眠れない時の対処法

MENU

不眠症に漢方が効果ありました

不眠症に漢方は効果ありました。
ただ、漢方は個々により効果に違いがありますが、私の場合はてき面でした。

 

色々な経験上、不調は早めに対処すればすぐ治ることが分かっていましたので、体調不良が続き3日ほど眠れない時に医師の処方で漢方薬を出してもらいました。
不眠症になってしまうとかなり治療には時間がかかりますし、うつ病などを併発しますので、私は3日眠れないときは行動を起こしています。

 

私は飲んだのは、「加味帰脾湯(かみきひとう)」でした。
朝夕の一日2回でしたので処方され直ぐ一回のみ、夕食後一回飲みました。その夜は、ぐっすり眠れました。
2週間ほど飲み続けましたが、その後は睡眠サプリに変えました。

 

加味帰脾湯(かみきひとう)を医者でもらい飲み続ければいいんですが、漢方薬は飲みづらいです。
オブラートに包んで飲むのも面倒です。ただ、ドラッグストアに行くと粒錠の漢方薬も販売されているようですね。
ちなみに私は肩コリや頭痛も起きやすいので葛根湯も時々飲みますが、葛根湯とは比べ物にならないくらい飲みにくい漢方薬です。

 

急に体調が悪くなった時は漢方薬も飲みますが、常備薬として漢方薬を飲むのは正直、苦痛でしたので不眠サプリに変えています。

 

加味帰脾湯(かみきひとう)の効能

虚弱体質で血色の悪い人。
精神を安定させ、貧血・不眠症の症状を改善します。

 

不眠症とは

不眠症は、長い期間(1ヶ月以上)、すぐ眠りにつく事が出来なかったり、睡眠の質が悪い(寝た気がしない)などの睡眠障害の事です。
原因は、内的な要因、外的な要因が考えられます。うつ病などの病気からなる場合、ストレスや不安からなる場合、体の痛みなどからなる場合、環境からなる場合など様々な原因があります。不眠症が続くと、日中の行動に支障が出てきます。眠れない事が悩みになり、うつ病になったりします。不眠により日中イライラしたり、やる気が起きなかったりします。
頭痛やめまいを起こす事もあります。確かに、1日2日あまり寝ていないだけで、次の日気分がすっきりしない事ってありますよね?それが、長期間続くわけですから、かなり大きなストレスになってしまうでしょう。

安心して飲める潤睡ハーブ

ぐっすり眠れると口コミで瞬く間に広がった話題の睡眠サプリが潤睡ハーブです。

潤睡ハーブの良さは体内でしか生成されない睡眠成分を生成を促すことです。睡眠成分をサプリで摂取するのもありですが、自分で生成できなくなってしまうと飲む続けなくてはいけません。潤睡ハーブは健康食品ですので、足りない成分を補うことが目的ですので副作用がありません。

 

また、睡眠だけでなく健康維持にも必須アミノ酸は必要となっています。
必要な成分が体内で不足した状態の、疲れた人にもおすすめです。睡眠以外でも効果を感じられるんです。

 

 

夜ぐっすり、翌朝スッキリ!休息サプリメント

隠れ不眠症も注意が必要

睡眠時間はちゃんと取っているのに、寝た気がしないなっと思ったらかくれ不眠かもしれません。
かくれ不眠という言葉は私もつい最近まで知りませんでした。不眠症という言葉は知っていましたが、それの軽い症状とでもいうんででしょうか。

 

かくれ不眠の人は、寝ているのに寝た気がしない、やる気が起きない、集中力がない、昼間に居眠りをしてしまうなどの症状があるそうです。かくれ不眠の原因としては、寝るのが遅い、不規則な生活などが挙げられるそうです。夜中に急に目が覚めてしまって、その後眠れず本を読んだり、テレビを見たりして起きてしまう経験ってありますよね。もしかしたら、かくれ不眠かもしれません。
かくれ不眠とは、軽度の睡眠障害をもっていて、昼間の行動に多少支障があり、不眠に少し悩んでいる事を言うらしいです。不眠に気づいていない人も、かくれ不眠の定義に入っているそうなので危険です。しっかり睡眠時間を取っていても、かくれ不眠になるのは、眠りの質が浅いかららしいです。かくれ不眠の人は、安心して寝られる状態をつくり出さなければいけません。

 



 

睡眠サプリ

眠れない時は辛いです。そして長引くと重大な病にもなりかねません。眠れない時は早めの早めの対処を心がけましょう

眠れない時の対処法