睡眠不足 太る

MENU

睡眠不足は太ります

睡眠不足は太ると言われています。それは、レプチンの分泌が減って、食欲が抑えられなくなるからです。レプチンには、古い細胞を新しくして代謝を上げる作用があり、やせ体質を構築したり、美肌をキープするためには欠かせないホルモンです。通常、栄養をとり過ぎて脂肪細胞が大きくなった場合、レプチンが分泌されて、脳に食べ過ぎのサインが送られます。それで食欲が抑えられています。脂肪細胞が大きくなると、レプチンが分泌され、脳に対して、食欲を抑えなさいという信号を送るわけです。しかし、睡眠が6時間以下になると、レプチンが減少し、食欲を抑制する効果が低くなるわけです。また、睡眠不足になると、コルチゾールの働きが悪化して、脂肪をためこみやすくなります。コルチゾールは、体に蓄積した脂肪などを燃やし、眠っている間のエネルギーを作る働きがあるのですが、夜更かしをして遅くまで栄養をとると、エネルギーをつくる必要がなくなって、脂肪が蓄積したままになるのです。また睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌量が減って、基礎代謝が落ちて太りやすくなります。

睡眠不足と頭痛になるメカニズム

睡眠不足になると様々な症状が体に現れますが、頭痛もそのひとつです。頭痛はよく起こる病気なので、睡眠不足でなくても発症しますが、睡眠不足との関係で頭痛が起こることはあるのです。睡眠不足で頭痛が生じる原因は色々あります。まず、考えられるのは、睡眠不足で脳への酸素の供給が低下することが関係しています。脳への血流や酸素供給が関係していて、結果として脳が正常に機能していないことから、頭痛が起こるのです。睡眠不足による頭痛の別の理由としては、睡眠不足になることで、体が固くなることや、血流が悪くなることです。体の柔軟性を奪うだけではなく、肩や首のこりなどを生じさせてしまいます。そうなってくると、頭への血流も悪くなるので、その結果、頭痛が生じるようになります。コーヒーなどを飲むことでカフェインで一時的に症状をおさえることもできますが、最善の改善策は睡眠不足をなくすことなのです。そうすることで、頭痛という生活に支障をもたらすものを回避できるのです。

 

睡眠サプリ

眠れない時は辛いです。そして長引くと重大な病にもなりかねません。眠れない時は早めの早めの対処を心がけましょう

眠れない時の対処法