睡眠不足症候群とは

MENU

睡眠不足症候群は即対処が必要

睡眠不足症候群というのは、慢性的に睡眠が不足しているのに、本人が気づかず、それが3か月以上続いて眠気に悩んでいる状態を指します。毎日6時間くらい眠っているにもかかわらず、眠いという人は危険です。日本においては、慢性的に日中の強い眠気を訴えて医療機関を受診する人の中で、このうち7%が睡眠不足症候群と言われています。ただ実際に本当の患者は、この数倍はいると言われています。主な症状としては、夜間の睡眠不足とそれによる昼間の強い眠気になりますが、睡眠不足を自覚していない人は、寝つきが悪いなどの不眠症状を訴える人もいます。睡眠不足症候群になると、睡眠不足のために脳の働きが低下していることから、強い疲労感や倦怠感、無気力、意欲低下、落ち着きのなさ、注意力散漫、協調性の欠如、攻撃性の高まりなどが挙げられます。また、食欲不振や胃腸障害、筋肉痛などを訴えることもあります。睡眠不足が長く続くと、不安が強くなって、うつ状態になることもあります。思春期前の子供は、自分から眠気を訴えないことがありますが、そうした場合でも、不機嫌や注意力散漫、食欲不振など、眠気が原因と思われる異常行動がよく見られます。

 

睡眠サプリ

眠れない時は辛いです。そして長引くと重大な病にもなりかねません。眠れない時は早めの早めの対処を心がけましょう

眠れない時の対処法