なんとなく不調

MENU

なんとなく不調の症状

幼いころから慢性的なストレスにさらされ、体があまり丈夫でない人に、なんとなく不調な人が多いものです。何がストレスかわからないまま、ストレスにさらされつづけていると、体が次第にバランスをくずし、だるくて食欲もなくなり、何をするにもおっくうになります。なんとなく不調の人は、低血圧の症状になることが多く、朝起きられずに、午前中はボーッとして中々やる気が出ません。心の中ではそんな自分に葛藤がありながら、もやもやとすっきりしません。こうしたタイプは落ち込み型と同時に現れることが多く、体の不調がどんどん自信を失わせて、落ち込みをより強くさせてしまいます。なんとなく不調な症状に抗するには、心と体全体に働きかけてリラックスするのが一番です。そうした人は、疲れやすい、目が疲れて頭が重い、便秘、生理不順、よく眠れない、などの自律神経失調症状がよく重なります。決め手がないだけに、病院に行っても、気のせいなどと言われます。そんな人は、心と体の両方に働きかけて緊張をほぐし、リラックスすることです。そうすることで、心と体は本来のリズムを取り戻すでしょう。

なんとなく不調とは?

なんとなく不調というのは、誰しもがよくあることです。特に何かをしたわけでもないのに、なんとなく体の調子がすぐれないことは、少なからず、誰もが経験したことがあるでしょう。なんとなく不調で体がだるくて朝起きるのがつらい時があります。そんな自分が情けなく、無理やり体を引きはがすようにして起きる毎日というのは、なんともすっきりしないものです。しかし、なんとなく不調な時は、そんな自分を許して、受け入れてあげることも大切なのです。たまには、今日は起きなくていいと決めて、思いきりダラダラ惰眠をむさぼるというのも、調子の悪さを回復させてくれるものです。眠りは体の休息であり、脳の休息でもあります。心にため込んだ葛藤も、眠っている間に夢の中で解消されることもあります。なんとなく不調な時こそ、ゆっくりと休むべきなのです。また、そんな時は、自宅のお風呂に好みの入浴剤を溶かして、ゆっくり温まるのも良いです。風呂場に観葉植物を持ち込めば、森林浴気分にひたることができます。そして、好みのエッセンシャルオイルでアロマバスを楽しんだり、ふだんとは違った趣向を凝らして、体を温めれば、心も体もリラックスできます。

春不調とは?

春不調というのは、冬から春への転換期に、体の不調を訴える症状のことです。症状としては、身体が何となく重く感じたり、不安感やイライラに襲われたりします。その原因は、自律神経のバランスが関係していると言われています。寒い間は体温の放出を抑えるので、意思とは関係なく交感神経が優位に働きます。これに対して春になると少しずつ暖かくなって行くので、身体は副交感神経が優位になり、リラックスモードに切り替わろうとします。しかし、冬から春の変わり目は、昼と朝夕、そして日により、気温の寒暖の差が激しいので、自律神経はその変化に対応しきれません。そのため、バランスが乱れてしまうのです。寒い冬の時期が続いた後、春モードに切り替わろうとする神経に対して、天候や気温の差が大きな負担になり、バランスを崩してしまうというわけです。つまりこれは、自然の作用で、春不調というのは、ある意味、身体の過渡期だと思った方がいいかもしれません。焦らず、優しく受け入れてあげることが大事で、少しずつ天候が落ち着いてくれば、身体も自然とリズムを取り戻していくでしょう。人間の身体も自然の一部だということです。

 

眠れない時は辛いです。そして長引くと重大な病にもなりかねません。眠れない時は早めの早めの対処を心がけましょう

眠れない時の対処法