デパス 睡眠薬

MENU

デパスと睡眠薬は違うの?

医師や薬剤師ではなくても、デパスと睡眠薬は違うのかと問われましたら、全く違うお薬と答えてしまいそうです。睡眠薬といっても、何種類ものお薬があり、一番良く処方されやすいのが“ハルシオン”というもので、それで改善されなかったら、さらに強いお薬を処方されます。睡眠薬なので、睡眠を導入するための効果があり、睡眠障害の他には、うつ病など寝付けない人にも、処方されることがあります。この場合としては、抗うつ剤と一緒に処方されることが多く、抗うつ剤の中にも、睡眠作用の効果が出るものもあるので、はじめは少量から試し、効果が出なければ少しずつ薬の量を増やすことが多いです。ただし、睡眠薬自体が依存性の高い薬として上げられているので、症状が改善してきますと、薬の量を減らしたり、薬自体処方されないこともあります。そしてデパスは、睡眠薬というよりも、不安や緊張を解す効果がある薬なので、その症状が強い人に、処方されることが多いです。軽い睡眠作用が出るので、睡眠障害の人にも処方されることがありますが、重度の障害になりますと、効果が薄くなるので、その時は別の薬に替えることがあります。なので、睡眠障害の人には必ず処方されることもなく、軽い睡眠作用や副作用に眠気がでる理由だけで、睡眠薬と勘違いする人が多いらしいですね。

デパスとは?

うつ病になった時に、薬剤投与での治療を選択しますと、お薬を処方されることがあります。飲むことによって改善するケースがありますが、うつ病の場合は、症状によって処方される薬が異なってしまうので、体に合わないとまったく効果がなく、医師に薬の変更を求めない限り、同じ薬を出し続けるので、中には、何年も同じ薬を飲み続け、改善することもなく、病状に苦しむこともあります。うつ病で処方される薬の種類は幾つかありますが、その中の1つに“デパス”という薬があります。デパスは主に不安や緊張などを取り除く効果があり、中には催眠作用や筋緊張緩解作用も出ることがあります。また、副作用として、眠気やふらつき、めまいやのどの渇きなどがあり、薬の組み合わせによっては、呼吸困難がでる可能性があるので、注意が必要とされています。うつ病をはじめ、パニック障害や睡眠障害、統合失調症などの人にも処方されることがあり、精神科やクリニックに通院している人は、この薬名を知っている人も多いのではないでしょうか?しかし、中にはまったく効果が出ることもなく、うつ病の症状によっては、医師から止めることもありますので、自ら申請する前に、相談してから処方してもらいましょう。

 

眠れない時は辛いです。そして長引くと重大な病にもなりかねません。眠れない時は早めの早めの対処を心がけましょう

眠れない時の対処法